アイオワ250はニューガーデンが今季4勝目






【ニューガーデンが得意のアイオワで4勝目】今季3勝をあげているジョセフ・ニューガーデンはアウトサイドポールのフロントローからスタートして250周のレースで208周をリードしてレースを支配。ニューガーデンはジョンソンのスピンによる1回目のイエロー明けのリスタートでポールスタートのウィル・パワーをパス。その後はピットインのタイミングがずれたフレッシュタイヤのジョンソンに19周のラップリードを許すものの、パワー以下後続の追撃を押さえきってアイオワ4勝目と共に今季4勝目をあげました。キャリア24勝目となります。これでドライバーズランキングで2ポジションアップの2位となっています。



【アイオワ250リザルト】http://www.imscdn.com/INDYCAR/Documents/5914/2022-07-23/indycar-officialraceresults-R1-IOWA.pdf



【パワーが2レース共にポールスタートに】予選は1台ずつ2周連続の計測で、1周目が土曜日の250周レース、2周目が日曜日の300マイルレースのスターティンググリッドを決定。ポイント2位で最後から2番目のスタートだった、2周ともにファステストを記録して2つレースでのポールポジションを獲得しました。今季2回目と3回目で通算は65回目と66回目となり、歴代痛通算1位のマリオ・アンドレッティの67回まであと一つとなりました。レースでは3位フィニッシュし、ランキングは一つダウンして3位となっています。



【3ストップか4ストップか】4ストップの最上位は予選13位で5位フィニッシュしたスコット・ディクソン。あとはグラハム・レイホールが16位から9位フィニッシュ。クリスチャン・ルンガーが20位から10位フィニッシュした他、6人が後方スタートからポジションをあげてフィニッシュしています。



【急降下のハータとローゼンクイスト】前回トロントで2位だったコルトン・ハータは17番グリッドスたーとから50周目にはパワーのすぐ背後の3位までポジションアップ。レース中盤でクラッチトラブルが発生して6周遅れに。最終的には8周遅れの24位に終わっています。トロントで3位フィニッシュし、3年ぶりの表彰台となったフェリックス・ローゼンクイストは11番グリッドスタートから終始トップ10をキープ。しかし110周目に単独クラッシュしてDNSに終わっています。



【衣替え】ジミー・ジョンソンはレースカーリバリーをアメリカン・リージョンに衣替え。佐藤琢磨選手もデロイトからナーテックODTに変更します。



【予選シングルも苦戦を強いられた佐藤琢磨】予選を9位で終えた佐藤琢磨は、レース序盤から次第にポジションを落としていき、57周目に最初のピットストップを行なったときには21位までダウン。117周目に2回目のピットストップを行なったときも琢磨のポジションは同じ21番手。レース終盤でパジェノーと接触したためにフロントウイングを破損、そのために予定外のピットストップを強いられて5周遅れとなります。フロントウィングを交換後はペースを取り戻したものの、最終的には5周遅れの21位フィニッシュ。



【佐藤琢磨選手のコメント】「今朝の予選はうまくいき、決勝レースには9番グリッドから臨みました。ただし、オープニングラップから順位を落とすこととなります。ハンドリングがひどいアンダーステアで、ポジションを守るのは不可能な状態でした。このとき『これは長い戦いになる』と覚悟したくらいです。ほどなく、自分のミスで小さなアクシデントが発生し、フロントウィングにダメージを負ってしまいます。このためピットに戻ってフロントウィングを交換しました。その後、マシーンの印象はまったく変わり、バランスは大きく改善されました。最後のスティントで、僕はおそらくもっとも速いドライバーのひとりだったと思います。おかげで明日のレースが本当に楽しみになりました。いずれにしても、アイオワでデロイトのマシーンを操ることができて、とてもハッピーです。それとともに、紫のNo.51 Nurtec ODT ホンダで明日のレースを戦うことも待ち遠しい思いです。しかも、レース2は5番グリッドからのスタートなので、とても楽しみにしています」



By:Indycar Media Joe Skibinski




アイオワ300:アイオワ300:7月24日(日) 深夜4時(月曜早朝生中継



https://www.gaora.co.jp/motor/3408870

3件のコメント

  1. 1周目からズルズル落ちていって、観てる側としてはイライラしました。レース後ウィングの話が分かったので逆にこの後のレース2が楽しみです!
    それにしてもまたパジェノーですか。映像見てないのでどっちが悪いのか分からないですけど。琢磨さんはガレージに抗議に行ったのでしょうか。
    1. いっくんへ
      レース後のインタビューでは「サイモンには接触して申し訳なかったけど」と言っていました。

コメントを残す