走れ! 西へ東へ

走れ! 西へ東へ

19日、東京ドームに5万6千人を集めて行われた格闘技イベント「THE MATCH」。キックボクシングからボクシングへの転身を表明している那須川天心選手がK-1のエースとして君臨する武尊選手を破り大いに盛り上がりました。しかし、予定されていたフジテレビ系列での生中継は取りやめになってしまいました(週刊誌で運営関係者の黒い交際疑惑が報じられたのを受けた措置といわれています)。その一方でAbemaでのペイパービューの申し込みは予想以上のものになったといわれています。

さて、ここ最近のスポーツ中継で新たなジャンルとして確立されているネット配信。場所を問わず見ることができるし、リアルタイムで見られなくてもアーカイブ視聴に対応しているので時間に縛られることもない。ただ、お金を払わないと見られないものもあります。そのジャンルが好きなら金を払ってでも見るのは当然の考えという人もいるそうですが、あまねく競技の魅力を伝えるためには視聴料を払わなくても見られる(NHKの受信料は別にして)放送メディアの役割はまだあると思う私の考え、古いのでしょうか?

視聴料を払って特定のスポーツイベントのテレビ中継を見るペイパービューと呼ばれる制度はアメリカのプロレス・WWF(現在のWWE)から浸透してきた気がします。普段行われている試合は比較的見やすい条件で見られても、重要な試合を集中的に開催する日はその日のための追加料金を払わないといけないそうです。それでも見たいという人たちがたくさんいるためペイパービューが世界的に広まっていったのでしょう。日本ではCSのスカパーやケーブルテレビでのペイパービューが21世紀になって広まったように見えます。

しかし、1990年代、FIFAはペイパービューを苦々しく思っていたこともあったと聞きます。当時はヨーロッパの主要リーグの中継がペイパービューで放送されるのが当たり前になった時期。FIFAは各国リーグはそれぞれの国の事情があるから諌めようがないにしても、ワールドカップのような世界大会は公共放送での中継を奨励したらしい。日本でいえばNHKと民放キー局の共同体・ジャパンコンソーシアムが望ましいということでしょう。しかし、ネット配信、ペイパービューが当たり前の2022年カタール大会はジャパンコンソーシアムの枠組みが崩れてしまい、無料とはいえAbemaで配信されることになったとか。それに付随する形でNHKとAbemaの親会社の1つであるテレビ朝日とAbemaに出資しているフジテレビが放送権を得ましたが、日本テレビ、TBSテレビ、テレビ東京は現状では放送不可能になってしまいます。憂いでいる私は古いのでしょうか? では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
意外なことばかり起こったビッグマッチが続いた1週間。でもいい意味で意外なことと言った方がいいかもしれません。

6日のサッカー・キリンチャレンジカップの日本-ブラジル戦。後半30分過ぎにネイマールがPKをきめてブラジルが1-0で押し切った試合ですが、日本が善戦したともブラジルが苦戦したともとれる意外な戦いでした。ブラジルは来日直前に韓国相手にゴールラッシュを演じて圧勝していたので、日本がどれだけ失点を抑えられるかというのが関心事となっていましたが、ブラジル攻撃陣が攻めあぐねてしまったかまさかのウノゼロ決着になってしまいました。試合が終わって時間がたつと、日本代表の戦いぶりの見方がいろいろな方向で見えてきました。日本としても最近の試合でゴールラッシュを演じていたためどれだけブラジルからの得点を期待する声もあったようで、攻撃陣のふがいなさを嘆く声もきかれました。

もう一つの意外なことは7日のボクシング・バンタム級世界3団体統一戦。井上尚弥選手がフィリピンのノニトドネア選手に2ラウンドTKO勝ちし日本人初の3団体統一を果たしました。2年半前にあったワールドボクシングスーパーシリーズバンダム級部門決勝では自身初となる世界戦での判定勝ちを経験した相手だったので私としては早いラウンドで終わるとは思っていませんでした。しかし、ふたを開ければ2ラウンドでの決着。井上選手本人としては今回の目標として圧勝することを挙げていたので目標を果たせたことをうれしく思ったでしょうが、想像以上の圧倒ぶりに驚いているばかりです。それに11日にはアメリカのボクシング専門誌による階級無差別の世界ランキングで日本人初の1位(日本のジムに所属した外国人が1位なったケースは過去にあり)になったというんですからまた驚きます。具志堅用高さんや山中慎介さんでも叶えられなかった快挙ですから日本のボクシング業界は祝福ムードに包まれたことでしょう。

この世界ランキングで(井上選手を抜いて)日本人最上位になることを目標に掲げていたふしがある村田諒太選手の闘争心に火が付いたのではと思うのは私だけでしょうか? では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
5月29日に行われた「第89回日本ダービー」で武豊騎乗のドウデュースが優勝。武騎手は最多更新の6度目のダービー制覇になりました。

皐月賞の優勝馬があまり評価されず、むしろ負けた馬の方が有力視されるダービーは何年かに1度あります。ただ、そういった評価を跳ね返して皐月賞馬が2冠達成というケースの方が印象に残るせいか、「やっぱり皐月賞馬はそれほどでもなかったのね」「最優秀2歳馬の方がやっぱり強いのね」と言われてしまったかのように皐月賞馬が敗れたダービーが新鮮に見えました。皐月賞馬のジオクリフにはダービー2連覇中だった福永祐一騎手が騎乗し、史上初の3連覇を目指しましたがそれは叶いませんでした。武豊騎手も1度挑んでかなえられなかったかなり難しい挑戦ではありますが、今回福永騎手に待ったをかけたのが武騎手だったというのは何ともいえない因縁を感じます。

武豊騎手は「ダービーは何度でも勝ちたい」と言ってはばかりません。それがトップクラスに君臨していても向上心が尽きない証拠なのかもしれません。史上初となる20代、30代、40代、50代の4世代にわたるダービー制覇というのもすごいこと。まだ立ちはだかってほしいという期待感もあるかもしれませんね。

来年は90回記念大会。どんな記録が生まれるでしょうか? では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
例年なら3月の大阪春場所でピークを迎える大相撲の新弟子の数がコロナ禍の影響でここ3年は5月の夏場所でピークを迎えています。そんな中で注目を集めているのが東大出身初のプロ力士・須山です。

須山はまだ4年生で中退もしていないということで、現役大学生のプロ力士でもあります。大学出身者だと卒業か中退してプロ入りすることが一般的ですが、在学のままでプロ入りするのもこれまた異例のことです。異例ずくめの須山は東大入学してから相撲を始め、道を究めようとという気持ちがあったようでプロ入りを決断したそう。須山の奮闘ぶりはフジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」で東大相撲部の密着企画が放送されたときに紹介されたので覚えている方もいるでしょう。

須山は今場所初土俵の力士と序ノ口下位で負け越して番付外に転落した力士による前相撲に臨み、ノルマの3勝をストレートでクリア。7月の名古屋場所から番付に名前が載ります。3勝した相手は全国上位レベルの大学で副キャプテンをやっていた人など、アマチュアの実績だけで考えたら格上ばかり。そんな須山がどこまでやってくれるか楽しみに見たいですね。目標は「東大」らしく東の大関だとか。

国立大学とスポーツって意外と結びつきがあるんです。特に有名なのが京都大学のアメフト部。日本一を争う甲子園ボウルで何度も優勝した名門で、関西リーグでは常に上位にいるチームです。しかも、大学のグランドはサッカー・ラグビーのピッチよりも広いアメフト用のピッチをトラックの内側に作るためにトラックの1周を500mにしているとか。それだけ思い入れがあるかもしれません。東大のアメフトも甲子園出場はなくても関東ではそこそこのレベルにいるそう。野球では東京六大学リーグで九十何連敗など弱さにスポットがあてられることがありますが、強さにスポットがあてられる種目が多くなることを楽しみにします。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
20日に行われたセンバツ高校野球1回戦の敦賀気比(福井)-広陵(広島)戦での球審の振る舞いが賞賛されているそうです。広陵の選手のバントについて誤審があった(打球がフェアゾーンに落ちてので敦賀の選手が処理して広陵のバッターにタッチしてアウトとしたはずなのに、2塁塁審がファウルと判定したためバッターアウトを認めなかった)として、球審がマイクを持って「申し訳ありませんでした」とお詫びし、守備側の敦賀気比の選手・監督に改めて状況を説明したので(バッターアウトになったものの1塁ランナーの2塁進塁が認められるので1アウト2塁で再開させることを説明したよう)。

大相撲のように高校野球やプロ野球でもややこしい状況になった時に球審か責任審判がマイクを持って場内に説明することがあります。たいていの場合、あのややこしい状況でどうして審判がそう判定したのか、そして何アウト何塁で試合を再開させるかを説明するだけですが、今回は「私たちの間違いでした。…大変申し訳ありませんでした」と謝罪も付け加えたのです。それがネット上で称賛されバズったそうなんです。審判というのは誤審があっても簡単に謝罪しないイメージがあるのかもしれません。だからバズったのでしょう。
そういえば、大相撲の判定説明も昔よりわかりやすきなった気がします。対戦した2人が同時に倒れたり行司の判定が間違っていたりする場合、土俵下にいる5人の勝負審判が物言いをつけて審議をしてその結果を審判長が「ただ今の協議についてご説明します」とマイクを持って切り出します。昔だったら「同体ではないか物言いがつきましたが、協議の結果、軍配刺し違いで力士Bの勝ちとします」という感じで原因の説明がほとんどありませんでした。最近は「力士Aの足が先に出たのではないかと物言いがつきましたが協議の結果、力士Aの足は出ていませんでしたので軍配通り力士Aの勝ちとします」という具合に分かりやすくなりました。国技館に大型ビジョンがないし、大阪のエディオンアリーナや名古屋のドルフィンズアリーナでは大型ビジョンがあっても稼働していません。だからこそのわかりやすさが必要と思うのは私だけではないでしょう。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
4日から始まった北京パラリンピック。序盤にアルペンスキーで3日連続で日本勢がメダル獲得ということで盛り上がっていることは盛り上がっている気がしますが、前回の平昌大会や去年夏の東京大会と比べると何となく盛り上がりに欠ける気がするんです。
前回の平昌大会は序盤のアルペンの後もコンスタントにメダルを獲得するような展開だったのに対して、今回(10日時点)は7日にクロスカントリーで川除大輝選手が日本男子最年少となる金メダルを獲得して以降メダルなし。しりすぼみ感があります。アイスホッケーや車いすカーリングのように前回は活躍できても今回は出場すらかなわない種目があるからかもしれませんが、出場できている種目でも苦戦を強いられている印象が多少はあります。オリンピック種目同様、強化が一筋縄にはいかない、ましてやコロナ禍でその難しさは増幅しているのかもしれません。

もう一つ気になるのがNHKの放送体制。前回の平昌とほぼ同じようですが、昨年の東京と比べるとパワーダウンした感が否めない。前回の平昌冬季大会もパラではラジオ中継をしていませんでしたが、昨年の東京大会はオリンピックほどではないにしても生中継を朝から夜まで流れていました。そう考えると、総合テレビとEテレの生中継が午後だけで夜のダイジェスト番組はオリンピックの半分の時間、そしてラジオ中継はなしという今回はボリュームが減ってしまったような印象があります。それがまた盛り上がりに欠ける感じに影響を与えるのかもしれません。

選手が一生懸命やっているのに変わりありません。限られた時間の中で楽しく、盛り上げてみるのもいいでしょう。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
驚きました。誤解を恐れずに言うなら、「手のひら返しなの?」と言いたくなるくらいです。1日にスピードスケートの名門の呼び名が高かった日本電産サンキョーが3月31日をもってスピードスケート部を解散することを表明したのです。

70年近くの歴史を誇り、清水宏保さん、高木菜那選手とオリンピックの金メダリストを送り出していた超名門。高木選手が金メダルを獲得した時には恐らく所属企業では最も高額であろう報奨金を贈ったことも話題になりました。そこまで盛り上げていた企業がどうして廃部を決断してしまったのか…。今回の北京五輪代表で唯一の高校生だった堀川桃香選手は入部内定していたのに高校の卒業式が終わった直後に廃部を知ったとか(その後関係者が各所を回って進路を探した結果、富士急に入社することに)。なんともいえません。

2日付のスポーツ報知によると、2014年のソチ五輪後にナショナルチームでの長期的な強化を日本スケート連盟が着手したのが分水嶺になったようです。実業団チームからナショナルチームに招集されると10か月近くの合宿があるので、実業団チームのレベルアップは昔ほど簡単にはいかなくなったという見方もあります。それに、実業団チームに所属する日本代表選手は最近は少数派になっていて、特定のスポンサーと所属契約を結ぶプロのような人の方が多くなっているようです。そういう世の中の流れを感じたか、日本電産サンキョーは「企業がスピードスケート競技の発展に貢献するという当初の目的についての展望が持てないと判断した」として廃部を決断したとか。

世の中の流れ、経済的な問題、いろいろな壁があるかもしれません。浅はかな考えかもしれませんが、競泳のようにナショナルチームとクラブ、学校が両輪となって強化していくシステムが構築できていれば実業団チームが肩身の狭い思いをすることがなかったのではと思います。自分のことのようにチームを盛り上げていった社長に無念の決断をさせてしまったのは本当に残念です。ですが、この出来事が全身のきっかけになることを祈ります。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
北京冬季五輪が20日に終わりました。このあと3月4日にはパラリンピックがスタートするので今のうちに今回のオリンピックについて思うことをまとめてみようと思います。

日本が獲得したメダルの総数は18個で前回を上回り歴代最多を更新しましたが、入賞(4位から8位)は25で前回より5つ少なくなったとか。これは20日の閉会式のラジオ中継で元NHKアナウンサーの山本浩さんが指摘していたことで、この数字がどんな意味をもつか時間かけて検証すべきと続けていました。前回の平昌大会から勢力図がいくらか変わって日本勢がマークされるようになり、上位に簡単に入れるようにならなくなったからかもしれません。こういうことを含めて検証が必要でしょう。あと、これは個人的な印象ですが、18のメダルを獲得したとはいえ昨年夏の東京大会よりもサプライズ感が薄い気がします。東京大会だとボクシングの入江聖奈選手のように予想以上の力を発揮してメダルを獲得したケースが多くあって盛り上がりましたが、今回は小平菜緒選手や羽生結弦選手のようなケースもあったものの額面通りの活躍をした人たちが実力通りメダルをとったようなイメージが強い気がします。だから入賞が減ったところもあるのかもと思うところです。

冬季五輪のラジオ中継はNHKが独占していますが、今回はアナウンサーと解説者が現地に入らないオフチューブ方式で放送してきました。テレビ中継の映像を見ながら実況するという形なので、テレビを見ながらラジオを聞くとラジオの実況とテレビの動きがぴったり合っていました。テレビ中継やダイジェスト番組のスタジオゲストとして登場したオリンピアンがラジオ中継でも真剣ながらも楽しく実況アナウンサーと競技を伝えたのは現地に入っての中継同様よかったです。特に印象に残ったのはスピードスケート女子1000mの中継で岡崎朋美さんが高木美帆選手の金メダルが決まった直後に「本人に代わって言わせてください。『ありがとうございます!』」と絶叫したところ、あとフィギュアスケートの解説として度々登場した高橋成美さんが独特の雰囲気でコメントしたところでしょうか。何はともあれ、オリンピックが無事にできたことはとにかくよかったです。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL