走れ! 西へ東へ

走れ! 西へ東へ

こんなニュースがスポーツ紙の電子版や紙面に踊るなんて驚きました。東京ヤクルトのマスコットつば九郎とつばみが新型コロナウイルス陽性反応になった人の濃厚接触疑いがあるとして22日からのホーム阪神3連戦を欠場すると、球団が21日に公表しました。
つば九郎は95年に4月9日に初出場してからホーム1966試合連続出場を重ね、年内には2000試合連続出場をするはずでした。しかし、初の欠場で恐らくマスコット初であろう快挙は幻になってしまいました。つば九郎はデビュー28年目。ここまで長く活躍するマスコットはいません。ブログを始めたら多くのアクセスを集め、グラウンドに出ればスケッチブックにひらがなを書き付ける筆談でファンを喜ばせます。テレビの番組でもこの筆談を披露したこともしばしば…。毒舌が話題になったことあります。

毒舌なつば九郎ではありますが、今は移籍してもかつてチームメイトだった選手や他のチームの選手へ優しいまなざしを送ることもあります。大記録を達成した選手をたたえたり引退する選手へのねぎらいの言葉を贈ったりすることもあります。2011年の東日本大震災では当時ヤクルトに在籍していた選手やかつてチームメイトだった人を含めた他球団の選手から「心ひとつに」と書かれた色紙を集めて被災地の子供たちに野球道具と一緒にプレゼントしたこともあります。

とにかく、一日も早い復帰を期待して年内での2000試合出場を楽しみにしたいと思います。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
NHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」が8日に完結。一気に伏線を回収できたということで最終回はかなり評判になったとか。そんな中で個人的に気になったことも回収してくれたと思うことがありました。

第1部というべき最初のヒロイン・安子と三角関係になったこともある雉真家の次男・勇のこと。以前このブログでも話しましたが、旧制中学卒業後に職業野球(プロ野球)には進まず大学に進学して野球を続けました。安子と結婚した兄の稔が戦死して家業を引き継いだため、大学で野球を辞めたようですが野球との関わりは絶やしていなかったようです。雉真繊維に野球部を興して名門と言われるまでになったそうだし、ユニフォームの製造にも注力したそう。最終回ではそのユニフォームを使った高校が甲子園出場を果たすというエピソードも語られていました。

実は、これらの事実はどれも3人目のヒロイン・ひなたの弟、つまり2人目のヒロイン・るいの次男である桃太郎が語ったり関わったりしていました。るいのおじ・算太が息絶えたあとに岡山へ「無言の帰郷」をした際、桃太郎がるいの実家が雉真家だと知って「木島繊維って実業団野球の名門だよ!」と興奮していたし、木島繊維のユニフォームを使ったのは卒業後に自信が監督を務めた桃太郎の母校です。安子はそれほどではありませんでしたが、るい、ひなた、桃太郎の親子にとっては野球というのが家族の絆を確かにするツールになったかもしれません。

でも、まだ気になることも。雉真繊維野球部ってどれくらいのスケールだったのか。名門といわれるくらいだから恐らく都市対抗の全国大会に何度も出場しているでしょう。きっと東京ドームにはもちろん、後楽園球場の時代から出ているのかもしれませんね。それが詳しく語られていなかったので気になりました。モデルがあるのかも気になります。

では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
2週間ぶりのご無沙汰です。何の断りもなく更新しなかったことをお詫びします。

さて、更新できていない間に2022年シーズンのプロ野球が開幕しました。今年は昨年までよりもコロナ禍による影響が大きくない形で始まりました(コロナ陽性反応の選手が続出したチームが絡んだ試合が延期になったケースもありますが)。観客の入場制限は基本的に撤廃され、延長は12回までに戻されました。

開幕して両リーグで延長にもつれ込む試合がいくつか出てきていますが、勝ちにいくことを選ぶか負けないことを選ぶかで苦労しているようです。昨年のように延長なしというレギュレーションで行われるなら追いつかれたチームは相手に勝ち越し点を与えないようにするためストッパーをたてればよかったですが、延長が導入されるとストッパーを入れるタイミングに迷うところがあるし早く勝負を決めようと考えても代打や代走で戦力を落としてしまうリスクを抱えてしまうのもまた悩ましい。何しろ野球はサッカーと違って、勝てば勝率があがるし負ければ下がるのにかわりがない。サッカーのような勝ち点があれば9回で勝負をつけて勝ち点3を狙うか、延長までもつれ勝ち点2でもいいから勝ちをとるか、それとも負けないことを重視して勝ち点1を確保するか、順位やゲーム差で計算だてることができるでしょう。野球だとそういう勝ち点制度がないので戦略の見極めが難しくなりそうです。

昨年は20以上引き分けがあったチームがありましたが今年はどれだけ少なくなるのかその辺も気になります。そうなって勝率がどう動くか、それで順位がかわってくるのかも気になります。では、また次回です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL