新型インディカーになって

今年の開幕戦ですが、例年のセントピーターズバーグでのレースのような レースカー同士の接触によるリタイヤが1台もありませんでした。 これも新型のダラーラシャシーの安全性向上のたまものですね。 佐藤琢磨選手も接触があったらし

Wパワーへのペナルティ

生中継中は確信が無かったのでフォローしませんでしたが、L22での最初のストップ後にシケイン不通過がありました。これに対して、コース上での3秒以上のスローダウン、もしくはドライブスルーとのペナルティが出され、Wパワーは3秒

最後尾からの追い上げ

PHOTO: INDYCAR Chris Jones予選中のエンジンストールしたために最後尾スタートの佐藤選手。ただ、Q1では3番目に早いタイムをマークし、全体のグリッドの中では11番目の速度だったので決勝レースでの追い