各ドライバーの暑さ対策@アイオワ






気温35度、湿度43%の中で行われたアイオワ250。各ドライバーは様々な暑さ対策を行っています。以前はエアロスクリーンの上部にエアスクープを装着してきましたが、トップスピードが約1.6マイルほどダウンする上に、コーションラップ時のスロー走行では冷却効果がほとんどないために、クールスーツを着用するドライバーが増えてきました。



エアスクープ


クールスーツはインナーシャツに冷却水を循環させるシステムで総重量は約3キロになるために、その分重量増加を懸念しなければなりません。しかし、2021年第2戦のセントピーターズバーグでコルトン・ハータはクールスーツを装着して初めて優勝したドライバーとなり。その効果が注目されることになりました。今回のスタート前のドライバーの厚さ対策をチェックします。



ジョンソンはクールスーツを装着




パジェノーはクールスーツ装着と共にレース前には冷却ベストも着用




ビーケイはジェルの様なものが入ったベストを装着




パワーはクールスーツを着用したうえでスポットクーラーを浴びる




ハータは今回はクールスーツの着用は無し




カーペンターはクールスーツの着用は無し




琢磨選手はクールスーツの着用は無しで、ネッククーラーを使用




日曜日の300マイルレースは気温が30度以下に下がることが予想されます。レーススタート前に映るドライバーの様子にも注目してみてください。

コメントを残す