ナッシュビル・ミュージックシティGP、事前情報


Notice: Array to string conversion in /var/www/blog/wp-content/plugins/brbrbr/brbrbr.php on line 24





【ハータが開幕戦以来のポールポジション】開幕戦以来、キャリア6回目のポールポジション。ここまですべてのセッションでトップタイム。



【予選3位、ポイントリーダーのパロウ】ポイントリーダーのパロウは予選3位も7月30日のポートランドでのチームテスト後に承認外のエンジン交換を行ったため、6グリッド降格処分で9番グリッドからのスタートに。現在のポイントリーダーながらも、ロードストリートだけの成績では11番手に。



【予選4位、ロッシ】6レース連続の予選TOP10。



【予選5位、ローゼンクイスト】今季初の予選シングルでベストグリッド。マカオGP2勝、フォーミュラーEで通算5勝。初物ストリートを得意



【予選6位、グロジャン】今季6回目の予選シングル。



【佐藤琢磨選手は予選24位】今季ワースト。ロードアメリカでの予選20位以来。



【予選22、ビーケイ】ナッシュビル繁華街にあるカウボーイハットとウェスタンブーツの老舗 、BootBurnで店員さんに”一番アメリカンな10ガロンハット”をリクエストしてそれを購入。今後もトラックアクティビティではずっと被り続けることに。想像以上に高価で驚いたものの、ビーケイはためらわずに購入。購入後にハットの縁に宝石がちりばめられていることを発見。                       
https://www.bootbarn.com/ 



Array




【FAST6 NO PENSKE】ニューガーデンはQ2でターン11で単独クラッシュして予選12位。FAST6にペンスキー勢の姿は無し。予選TOP6に1台もいないのは2020年ロードアメリカレース2以来。



【負傷中のパワー】ミッドオハイオでのディクソンとの接触で手首を骨折。まだ痛みが残る模様。



【チャリティ卓球大会】ニューガーデンは木曜日にチャリティー卓球大会を自ら主宰。インディカー、NFL、NASCARから選手が参加。ニューガーデン組が優勝。 集まった約1400万円の募金はポール・ニューマンが設立した病気と闘う子供たちへの基金へ。



【テネシー州ナッシュビル】テネシー州の州都で州内最大の都市で人口約70万人。
周辺自治体を含めると人口約200万でアメリカ南東部では3番目に大きい都市。
1992年にブリヂストンが北米の拠点をナッシュビルに置き、2006年には日産自動車も北米での拠点をカリフォルニアのガーデナからナッシュビルに移す。



○ナッシュビルの人口=69万1,243人(2017年)
○ダウンタウンにある音楽スタジオ数=約200
○大手レコード会社数=4社



【初開催トラック】テネロードコースでは2015年のNOLAモータースポーツパークでのルイジアナGP(ウィナー=Jヒンチクリフ)以来。ストリートコースでは2011年のボルティモアGP以来。※2013年ヒューストンは同一か所別コースレイアウトでの開催。2008年まではオーバルトラックのナシュビルスーパースピードウェイで開催。

コメントを残す