ビーケイが鎖骨手術で欠場、アスキューが代走


Notice: Array to string conversion in /var/www/blog/wp-content/plugins/brbrbr/brbrbr.php on line 24





現地月曜日に自転車でのトレーニング中に事故に合い鎖骨骨折したリナス・ビーケイは火曜日に手術を受けたため、今週末のロードアメリカGPの出走が許可されませんでした。そのビーケイに代わってオリバー・アスキューがエドカーペンターレーシングの#21をドライブします。



アスキューは先週のデトロイトGPレース1でクラッシュして負傷したローゼンクイストに代わってレース2を代走。2週連続での代走エントリーとなりました。



Array




フロリダ出身で24歳のアスキューは2019年にインディライツチャンピオンとなって2020シーズンはアローマクラーレンSPからインディカーデビュー。ベストフィニッシュはアイオワでの3位。



今シーズンはアンドレッティオートスポーツでインディライツのドライビングコーチを務める他、デイトナ24時間レースにLMP3クラスに参戦してクラス優勝しています。



今回欠場となったビーケイは第5戦のインディGPでは初優勝し、デトロイトレース1では2位フィニッシュ知れランキング5位につけていました。



ビーケーは7月4日開催予定のミッドオハイオの前に再度精密検査を受けることになっています。

2件のコメント

  1. ロベルト・モレノやアレックス・バロンみたいなスーパーサブ化ですかい!?

コメントを残す