チップガナッシの10号車に6グリッド降格のペナルティ

現地9日にインディカーオフィシャルはチップガナッシレーシングの10号車に2021年インディアナポリス500スタート前に未承認のエンジン交換があったとして、デトロイト・グランプリでの6グリッド降格のペナルティを科すことを発表しました。

チームの規定違反は以下の項目。

ルール16.5.4 一度装着されたインディアナポリス500(決勝レース)用のエンジンがインディアナポリス500レース前に取り外された場合は修理の有無にかかわらず未承認のエンジン交換とされる

規定により、インディアナポリス500でのペナルティはシリーズの次のイベントである、6月11日スタートのデトロイト・グランプリのレース1で科せられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です