ロッシ、無敵のターン11立ち上がり



ポールトゥフィニッシュで開幕3レース連続表彰台での今季初優勝を挙げたアレキサンダー・ロッシ。85周中71周をリードして、最多ラップリードの2点ボーナスもゲットして満点の54ポイントを獲得する圧倒的強さでした。

コメンタリーの黒澤さんもレース中に指摘していた通り、ロッシの最終ターン立ち上がりの加速は無敵でした。レース後にロッシ自身もパワーもその件をコメントしていました。

レース前には今回のエアロパッケージの変更を受けて、最終ターンでアクセル全開にできる位置はこれまでもよりも15フィート(約15m)ほど奥になったと見られていますが、ロッシには関係なく、左のウォールの広告バナー見た限りでは去年よりも速いタイミングで全開にできていたようです。



今回は総勢60人近い家族や友人が見に来ていたというロッシ。圧倒的な速さを見せつけた最高のレースになったようです。

コメントを残す