琢磨選手が ‘THIS IS MAY.’ キャンペーンに参加



第102回インディアナポリス500マイルに向けてのプロモーション企画「THIS IS MAY」キャンペーンがスタートし、そのキックオフイベントに第101回チャンピオンの佐藤琢磨選手が参加。インディアナポリス・モータースピードウェイの第2ゲートにかかる巨大バナーの除幕式を行いました。

バナーの大きさは横約28m、縦は約6mでビクトリーレーンでの一シーンの写真が使われています。

Photo:Rahal Letterman Lanigan Racing

琢磨選手は命綱を着装してバケットクレーンに乗り込み、スピードウェイのサウスシュート下をくぐるトンネルの入り口の第2ゲートの上にかかる巨大バナーの序幕を行いました。

Photo:Rahal Letterman Lanigan Racing

「THIS IS MAY」キャンペーンは新聞、放送、SNSやデジタルコンテンツなどで展開されます。

第102回インディアナポリス500マイルレースは5月27日に決勝レースがスタート。琢磨選手はチャンピオンとして入場チケットデザインお披露目イベントの参加がまだ残されています。

3件のコメント

  1. さすがアメリカ。さすがインディ500!
    しかし、”第2″ゲートというのが気になる。”第1″はどうなってるのでしょうか?
    しかし、ようやく琢磨選手も新車テストですね。早く手応え・感想聞きたいです。
    1. Daisuke8849さんへ
      第1ゲートは一昨年にリニューアルされたターン1アウトサイドのラウンドアバウトのところです。
      第2ゲートは交通量の多い16thストリートに面しているので、こちらの方が目立ちます。

indy へ返信する コメントをキャンセル