インディカーでの事故処理作業例1

なかなかじっくりと見る機会がない事故処理作業の様子を見てみましょう。

レッカー車をカバーするようにセーフティビークルが止まり、セーフティクルーが後方監視するとともに後続車両に注意を促しています。



ブラインドコーナーでの事故処理は作業中であることがわかるようにセーフティビークルを配置して後続車両に注意を促します。


セーフティクルーも複数でこのようなジェスチャーで注意を促します。


場合によってはドクター(青いスーツ)も車両移動を手伝ったりします。




ブラインドコーナーが多いストリートコースは後続車両の接近に特に注意喚起します。

コメントを残す