ブロッキング判定

似たような状況で、クロ判定が出たのが下のケース。 http://blog.gaora.co.jp/indy/2012/07/3601 で、今回の琢磨選手のケースですが バックストレッチはゆるやかなS字状になっていいます。

琢磨選手が急遽4位になったわけ

38周目にすでに最後のタイヤ交換を終えていた琢磨選手は そのまま最後までノーピットで行く予定だったので 前が全車ピットインすれば、自動的にトップに返り咲けたわけです。 Tカナーンの燃料切れで53周目にフルコースイエローに