ショートオーバル仕様

安全かつ非常に多くのパッシングシーンを演出した テキサスでのエアロパッケージでしたが、 このショートオーバル2連戦では、ロード/ストリート仕様がベースになります。 その中でも変更点は フロントホイールブレーキダクトのバッ

ウィスコンシン州

今週末のミルウォーキー戦が行われるのはウィスコンシン州です。 酪農の盛んな州として有名で クルマのナンバープレートにも書いてあります。 空港でもたくさんチーズが売られていましたね。 またミルウォーキーはドイツ移民の街で

忙しい中継でした。

これまでにない、かなりドタバタした中継でした。 リードチェンジこそは少なかったですが、 それ以外の順位変動の数は史上最多クラスだったかもしれません。 こういう時に限って、スタジオ内のPCのライブタイミングが不調だったり

TEXASを終えて

皆さま、テキサスをご覧いただきありがとうございました。 激しいリードチェンジ、めまぐるしく状況が変化するなかで勝負にこだわるドライバーとチーム、初勝利のプレッシャーの大きさ、親子と一族の絆などなど、スーパースピードウェイ

超巨大なテキサスのスタンド

テキサスモータースピードウェイは 常設スタンドだけで19万人以上の収容力があります。 なので、半分が空席でも9万5千人です。 本当にばか馬鹿でかいです。 テキサス州では「何もかもがでかい」というのは本当です。 ここのイン

テキサスと言えば

うらにダートオーバルがあるのですが そこでのスプリントカーレースが外せません。 以前はインディカーレースと同じウィークエンドの開催があったので その時はよく見に行っていました。 見終わって帰るときには 髪の毛がじゃりじゃ

デトロイト戦中断!

レッドフラッグが出された時点で 長期戦になることが予想されたので とっとと、アンドレア・トーゾさんに12分間まかせて 我々は来たるべき時間に備えて 立て直していました。 トータルタイムは4時間32分でしたか。