P3 終了

Jヒンチクリフがトップタイムでニューマンハースの1−2。松田さんの解析ではブレーキングが非常に安定捨ているとの事。琢磨選手はニュータイヤ装着でタイムアップ。武藤選手はあまりセットをいじっていないようです。JPはリアを色々

プラクティス2 終了

5番手の武藤選手。大幅なセット変更はなしで着実につめていっています。今のところ順調。15番手のJP.足回り全般をいじりまわしています。ブレーキにもトラブルあり。26番手の琢磨選手。リアの足回りの調整に苦しんでるようです。

みんなで盛り上げましょう!

「INDY JAPAN」で、毎年、ピットレポーターを担当しておりますレーサー鹿島です!皆さん、いつもGAORAを観て頂いてありがとうございます!昨日からもてぎ入りして、最後の戦いを見つめています。1998年からずっと観て