来年以降のマシン

来年、マシン&エンジンのレギュレーションが大幅に変更されます。その来年のマシンが展示されていました。フロント部は全て同じデザインとし、後部はエンジンによって変えることができるようになるそうです。つまり、ツインターボかシン

もうひとつの100周年記念

1911年開催の第一回インディ500の優勝レースカーである「マーモン・ワスプ」が履いていたタイヤはファイアストン製でした。つまり、今年でファイアストンはレース活動100周年を迎えるのでした。毎年ブリジストンから派遣される