ブログ

【インターハイを終えて 野口愛菜】

 
インターハイを終えて

 
高校最後のインターハイが終わりました。昨年は団体戦、個人戦共に出場しましたが「全国ベスト8」の目標には届かず、目標を達成する事ができなかった悔しさや、全国で戦う楽しさを知る事ができ「来年もインターハイという大きな全国の舞台で戦いたい!全国ベスト8を目標に頑張りたい!」と曜日先生に伝え、それから1年間、自分自身に負けず、夏では気温が高い中でも戦い抜ける練習、冬ではきついトレーニングで体力づくりをし、パワーテニスでは勝てないからこそ自分のテニスを追求し頑張ってきました。

そして今年迎えたインターハイ。

団体戦では、S1として戦う事ができました。何度経験しても試合前の緊張はありましたが3年生にとって最後の舞台!S1として戦い抜くと決めコートに立ち、2回戦敗退となりましたが仲間の応援を力に戦えました。

ダブルスでは彩花と組んで約1年、戦略や作戦もなかったダブルスから始まり自分達なりに試行錯誤しながら、結果全国ベスト16まで行くことができました。どんな大会でも彩花の笑顔や言葉に支えられ自分までも笑顔になれました。たくさんの経験と楽しい思い出を彩花ありがとう!

インターハイ最後の種目であった個人戦シングルス、曜日先生から『少しでも長くコートに立てれるように!楽しんで来い!』と声をかけていただきました。

インターハイベスト8を目標に頑張ってきた1年間、私の好きな言葉『努力は裏切らない』、そして『結果で恩返しをする』を胸に戦いました。1試合1試合タイプの違う選手でしたが自分のテニスを貫き、ベスト8という夢のような結果で終える事ができました。

会場で団体戦や個人戦を応援してくださった、仲間や監督、県外の高校の選手や先生、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。試合中たくさんの拍手の応援に何回も助けられ、最後まで諦める事なく楽しんで試合をする事ができました。大分に帰った際にも「インハイTV見て感動したよ!」と声をかけてくださりとても嬉しかったです。お忙しい中試合を見て頂きありがとうございました。応援してくださる方々がいたからこそ、ここまで頑張る事ができました。本当にありがとうございました。

感謝の気持ちを忘れず、これからもチーム全員で頑張っていきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 
3年 野口愛菜