ブログ

【県総体を終えて 岡崎咲菜】

 
県総体を終えて

自分にとって初めての県総体が終わりました。
まず、個人のシングルス、ダブルス共に自分の目標としていた結果を出すことが出来ませんでした。
しかし、先輩方の姿を見て沢山のことを学び、自分の課題が見つかった大会にもなりました。

自分は試合中、ミスがどんどん増え、打つことに自信がなくなりました。後で考えると、スイングが縮こまったり、テニス自体が小さくなってしまいアウトミスやネットミスの悪循環に陥っていることが分かりました。
団体戦も個人戦も先輩方は、1人1人がコート上で堂々とした姿、気迫のある声、自分のテニスを最後まで貫いていました。
「あ、こんな選手を応援したくなるんだ」と思い、技術面だけでなく、メンタル面でも沢山のことに気づくことが出来ました。

今回学んだ事は、自分の物にしないと意味が無いので、メンタル面で自分に1番必要だと思う「自信をもつこと」「コート上でもっと自分を大きく見せること」を課題にこれから技術も磨いていきます。

そして、団体戦メンバーに入ってあの舞台で堂々と戦えるような選手になれるように日々努力していきます。
県総体での反省、自分の課題を明確にし、次の大会に向けて再スタートしていきたいです。

そして、いつもテニスが出来ている環境、支えてくださっている先生方、両親、仲間に感謝の気持ちを忘れず、また、笑顔を忘れずに1日1日を大切に過ごしていきたいです。

1年 岡﨑咲菜