ブログ

【県総体を終えて 片山友絵】

 
県総体を終えて

 
高校生初めての県総体は、たくさんのことを学ぶ事ができました。その中でも自分の弱さを改めて感じました。緊張や焦りでラケットが振れなくなり、サーブのミスやリターンのミスが多く自分のプレーが出来きませんでした。コートに立てば自分で考えて自分で行動するという事を自覚を持ち、自分に自信を持ち前を向いて胸を張ってプレーをすることができたら自分が強くなれると思いました。

まだまだ技術面でもメンタル面でも課題が沢山あるのでこれからの練習の中で先輩方の背中を見ながらよく考え学んでいこうと思います。

初めての団体戦では、応援という立場だったけど色々な事を感じる事ができました。今まで味わったことのなかった決勝での雰囲気、一人一人が自信を持って勝つことだけを考えてプレーをし、祈るように本気で応援する周りの人達。引き込まれるような試合に鳥肌がたちました。このさきずっと忘れることの出来ない体験になりました。

最初から最後まで笑顔の中で闘志を燃やし目を輝かせているそんな先輩達と自分は一緒の学校で一緒に練習ができ、近くにいて感じる事ができています。学べる事は全て学んで吸収して先輩達のような選手になりたいと思いました。

見つけた課題点をよく考えて、自分に与えられたチャンスを生かせる事ができるように日々の努力を自信に繋げ、1日1日を大切に、笑顔を忘れずに頑張っていきます。

 
1年 片山友絵